ハウスハウスは仲介手数料無料・半額・割引

不動産仲介手数料の仕組み

■仲介手数料の仕組みと一般の仲介手数料

皆さんも仲介手数料っていう言葉を一度は耳にされた事があると思います。 家などを買ったり、売ったり、借りたりする時に、契約時や決済時に 紹介してもらった不動産業者に支払うお金のことです。多くの不動産業者は、その仲介手数料を主な収入源として成り立っています。
契約金額400万円を超える仲介手数料は契約金額の3%+6万円+消費税が上限で決まっています。
[昭和45年10月23日建設省告示第1552号]

一般の仲介業者は不動産業界の慣習からより高額な物件を契約させようとお客様を誘導するのです。
それは当然手数料を多くもらえる仕組みからです。

■両手(両手間)と片手(片手間)の仲介手数料

お客様が家を買う場合の当事者は、買主と売主です。それに買主側の仲介業者と売主側の仲介業者がそれぞれに存在し取引が行われます。

ではこの時に手数料を誰からもらうのか?

まず買主であるお客様から買主側の業者に支払われる仲介手数料があります。 そして売主からは、売主側の業者に支払われる仕組みとなっています。
では買主と売主との間に1社しか仲介業者が入らない場合は、買主・売主双方から仲介手数料が支払われます。 買主側・売主側 両方の仲介を1社で行う為です。

これを不動産業界では“両手(りょうて)”と呼んでいます。

そして取引に2社以上、不動産業者が入る場合はどちらか一方からの仲介手数料になります。

こちらを“片手(かたて)”とか“分かれ”と呼びます。

この他に例外として、 買主と売主との間に2社以上の不動産業者が入る場合でも、 売主側から仲介手数料を頂ける、“両手”の場合も稀には存在します。

上記のように売買取引の仲介手数料には数種類のパターンがあり、 当然、仲介業者は“両手間”の物件をお客様に強く勧めようとします。

お客様が買主の場合は片手や両手だからといって 購入したい物件そのものは変わりませんが、仲介手数料は安いに超したことはありません。またその手数料は大きな金額だと思いませんか?

私がこの業界に入る前の印象は、不動産取引は、耳慣れない難しい専門用語が並び高額な買物をする上で 知識不足や不安から言われるままにそういうものだとあきらめ受け入れていました。
でも、実際この業界のことや仲介業務のことが、わかればわかるほど不思議な慣例におもえました。
もし、自分が購入するのだったらもっと安く出来る事がわかったからです。

当社はもし自分がお客様だったら・・・を基本に営業しています。

不動産仲介手数料無料の理由

■不動産仲介手数料を無料にできる理由・・・

仲介手数料の仕組みで説明しました両手(両手間)の仲介手数料が 発生する物件(戸建・土地・マンション・収益ビル)に関して、ハウスハウスではお客様からの仲介手数料を無料サービスとし、売主様からの仲介手数料だけで取引をお手伝いいたしております。

仲介手数料無料サービス=売主様からの仲介手数料が頂ける物件

ハウスハウスは広告をインターネットを主として経費を大きく削り、スタッフが多くの仲介を取り扱う中身の濃い少数精鋭で取り組んでおります。 そして必要以上に電話や訪問営業はいたしません。できる限りメールやFAXで情報・質問への回答をいたします。

当然、不動産会社特有のしつこい電話や訪問などの営業はハウスハウスのスタッフが絶対やらないと一番最初に決めたスタイルです。

このようにホームページによるコストダウンとメール・FAX連絡・少数精鋭のスタッフで経費削減により仲介手数料無料・仲介手数料半額・仲介手数料割引ができる理由です。

そして1番の理由は当社の営業スタイルのポリシーである

『もし、自分がお客様だったら・・・』

と思えるスタッフが揃ったことです。

不動産仲介手数料が無料にならない物件

■不動産仲介手数料が無料にならない物件は?

前項では仲介手数料が無料になる条件として売主側から仲介手数料がでる物件を「仲介手数料が無料になる物件」としてご説明しました。

では、売主から仲介手数料が出ない物件は?その場合が無料ではなく仲介手数料半額又仲介手数料割引になるサービスとなります。

しかし残念ながら一般の方にはそれがどの物件か?とか、この物件はどっち?ということは確認できません。値引き交渉も含めいまだに一般の方には閉鎖的な業界です。

不動産業者でさえ、売主から手数料が出るか出ないかは個別の物件(新築・中古の戸建、マンション、収益ビルや土地)の資料を調べてみて初めて判るという仕組みになっており、 それを確認してからの料金体系となっております。

ハウスハウスでは、おすすめ物件としてご紹介ができています物件に関しては、全て提示しております仲介手数料無料~割引率で購入のお手伝いができますが、それ以外はお問い合わせください。 割引料金の%(割引率)につきましては、下記の割引手数料価格表をご参考にしてください。

同じ物件なのに、仲介業者が違うだけでこんなに差があります。

(1500万円未満の物件につきましては、ご相談ください。)
物件価格(税抜) 割引率 事例 手数料 お買い得
1500万円以上 30% 物件価格1850万円の場合 正規手数料 645,750円 452,025円 193,725円
2000万円以上 35% 物件価格2200万円の場合 正規手数料 756,000円 491,400円 264,600円
2500万円以上 40% 物件価格2800万円の場合 正規手数料 945,000円 567,000円 378,000円
3000万円以上 50% 物件価格3500万円の場合 正規手数料 1,165,500円 582,750円 582,750円

※売主様から正規仲介手数料がいただける場合は、上記手数料が無料になる場合がありますので、一度お問い合わせください。

不動産売買の仕組みをおさらい

■不動産仲介手数料を無料にできる理由・・・

新築戸建・中古戸建・新築マンションの一部(建築中と建築後、数ヶ月は専属の不動産会社 しか取り扱えない場合があります)・中古マンション・土地・一部収益ビルの流通情報は、 大手不動産会社も含めどこの会社にいっても、皆同じなんです。

何件か不動産会社に問い合わせたり、直接不動産会社に数社行ったことがある人は、お気づきだと思います。

それとチラシや住宅情報雑誌でも全く違う不動産会社が、同じ物件を掲載しているのもよく見かけると思います。ほとんどの個人または法人でも不動産を売ろうとするときは、不動産会社と専任媒介契約を結びます。 その契約書の中に流通機構(レインズ)に登録するという項目があり、委託された業者はレインズで売りたい物件の情報登録します。 そしてをあらゆる仲介会社に売りたい物件情報が流れその物件を買いたいお客様を広く速く探すという仕組みになっています。

売マンションであれば、95%以上、売地・売家であれば、80%~90%、流通機構(レインズ)の情報として出ますので、同じ物件が住宅情報誌に重複したりいろんな不動産会社のチラシに同じ物件が載ってしまうのです。

では流通に載らないのは、未公開物件?ということになりますが、誰にとって都合に良い未公開物件か?

お分かりですよね。 売主側の業者さんが相場の上限以上で売りたい、もしくは自社だけの狭い範囲で手数料の両手をもらおうと考えている場合です。

これは売主さんが、よほど内密に売りたいという特殊な例を除き、悪徳な?不動産会社に引っかかり、レインズに載せるという専任媒介契約を結んだにもかかわらず、その契約が履行されなかったり、 登録しても数日で取り消された場合(登録したという証拠を残す為だけに)に発生する未公開物件です。 (いわゆる大手と呼ばれる不動産会社に多い気がするのは私だけでしょうか・・・)

売主との契約を守らない業者が、買主の利益を考えるでしょうか?

あなたが本当に信頼できる営業マンがいましたら是非、意見を聞いてみてください。

不動産売買のしくみを理解してください。